透析室をファーストクラスヘ!
透析患者さんに選ばれる、先進の思いやり…それが“ぽぽら”です。

 

ぽぽらの提供するもの1

ぽぽらの緊急地震速報システムは、実際に病院内に「地震計内蔵の警報装置(ホームサイスモ)」を設置するので、誤報や遅延も少なく、より確実に地震発生をお伝えすることができます。
電源がついていないテレビも、強制的に「オン」にして、警報を発します。

3月11日の東日本大地震の際にも、効果が実証されました!! 

透析診療中はちょっとした地震でも緊張してしまうものです。ましてや診療中に大規模な地震が発生したら…!? 考えると心配になります。ぽぽらは地震の揺れがくる10秒から20秒前に患者さんに地震発生をお伝えします。
この数秒間は命を守る上でとても大切な時間です。

10秒あれば、患者さんは枕や布団で頭や体を守ることができます!!
10秒あれば、スタッフの皆さんは透析装置を押さえることができます!! 

 

ぽぽらの「緊急地震速報」が生み出す、さまざまなメリット

患者さんのメリット
①防災訓練実施により、いざという時の心構えが確立できます。
②普段の心構えにより実際の地震時に命を守る事ができます。

施設さんのメリット
①いざという時の為の普段の準備(防災訓練)が実施できます。
※日常の防災訓練にも対応できる「試験放送機能」があります。
②実際の災害時に落ち着いて対応できます。
③施設の患者さんを想う気持ちを表現できます。

ご存知でしたか?!
阪神・淡路大震災の際、あわててベッドから飛び出した患者さんの多くが負傷しました。
反対にベッドで安静にされた患者さんは一人も負傷しませんでした!

緊急地震速報受信機「ホームサイスモ」とは?

端末に内蔵した地震計でP波(初期微動)を検知し、直下地震にも対応します。
地震発生に対してP波検知と緊急地震速報の2つのルートを持っているため、より早く、より確実に地震の発生を警告し、地震災害を軽減できます。

基本動作仕様
① ホームサイスモが気象庁より緊急地震速報を受信または、内蔵された地震計で地震を感知。
② ホームサイスモの設定値を越えた震度の場合は、ホームサイスモからVODサーバーへ電文を送信。
③ VODサーバーが全STBへ緊急地震速報を発報。
④ 全テレビが強制ON!警報画面と音声が注意を促します。



テレビに表示する画面例
ブリッジ・モーション・トゥモロー株式会社
営業本部
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-29-4
西新宿ミノシマビル1階
TEL:03-6300-5320/03-6300-5688
FAX:03-6300-5375
Email:vod_business@bmt.jp